千葉大学デザイン学科棟

千葉大学デザイン学科が使用する千葉大学西千葉キャンパス2号棟校舎の改修です。
2層ある既存ホールは学生が留まる設えがなく単純な移動動線となっていました。
人の往来が少ない2階ホールは授業間の滞在や各種イベントにおける活動の場としての利用を想定し、学生の日常的な居場所として定義しました。そこで既存ホールをコの字状に包むようにベンチ・可動型の展示台・空調を一体化した大型の木製家具を配しています。また学生の往来が多く暗かった1階ホールは既存天井を撤去しニュートラルな空間に切り替え、作品の展示などデザイン学科の情報を常時発信できる場としています。
改修の要点を絞り家具やマテリアルを各所に配することでそれぞれの場をゆるやかに定義し、デザイン学科生の日常的な活動を助長する空間を設えることを考えました。

*千葉市都市文化賞2011建築部門    優秀賞

 

改修前