愛媛の保育所

愛媛県の山間部における保育所と児童センターの計画です。
地域への開放と保育室の安全を両立させるL字型平面の上に帽子型の屋根をふわりと架けています。帽子屋根は南北に抜けるハイサイドライトを持ち、室内にやわらかな光と風の抜けをつくります。また帽子の「つば」となる部分は回廊となり、道路側においては地域の人々を迎え入れる縁側として、園庭側においては子どもの一連の活動を受け止めるテラスとしての役割を担い、屋内外をつなぐ多様なふるまいを助長します。
3600mmピッチで並べた門型の鉄骨フレームを小径材の木梁がつなぐハイブリッド型の構成として木の屋根に包まれた空間を実現します。同時に、この構成による軽量化により地盤強度の弱い本敷地においても杭の不要な構造型式としています。
このように帽子屋根の上を光・風の通り道として、その下を人の通り道として立体的に交差させ、木とやわらかな光の下で子どもたちの様々な活動を受け入れる園舎とすることを意図しています。