モデルハウスK

木質構造材のCLT(直交集成板)を用いた住宅メーカーのモデルハウスの計画です。
個室を配した2つのコの字型コアからCLTで形成した大屋根をXY軸の2方向に跳ね出す構成とすることで、外周4方向に連続した開口を持つ開放的でシンプルな空間を計画しています。
プランは構造材でありながら断熱・蓄熱性能を持つCLTの特質を生かし、屋外との中間域・断熱層となる「軒先のテラス」、2層吹抜のCLT面による蓄熱・放射を利用した「大屋根下の吹抜」、一方向に開きつつ安定した熱環境を持つ「コの字コアの個室」といった3つの居住域を構成しています。
CLTによるこれら3つの居住域と建具等を組み合わせ、気候に合わせそれぞれ性格の異なる居住域を横断しながら暮らす住宅としています。シンプルな平面・構造とすることで場所に合わせ多様なプラン展開を行うことが可能なモデルハウスとなっています。