杉並の住宅

都内の木造密集地における住宅の計画です。
敷地は3面を道路と路地に囲まれており、敷地一杯に住宅を建てると周囲の視線に晒されるため常にカーテンを閉じるような周辺環境と隔絶した生活となることが想定されました。
そこで主要な生活空間をコンパクトにまとめて建物の輪郭からオフセットさせ、その周りに緩衝帯となる余白を纏わせてプライバシーを確保しつつ都市環境とつながることのできるプランとしています。
余白の空間はインナーガーデン、小さな書斎、吹抜のギャラリー、半屋外のダイニングなど様々な使い方のできる場所となります。同時に隣家との隙間に落ちる光、周囲の緑、路地に漂う親密な空気など、生活に都市環境を取り入れるための緩衝帯となっています。
また敷地周囲の状況に合わせてこの外郭を変形させています。隣家が迫る東側では距離を取って隙間の光を取り込み、西側は薄暗い路地に広がりをつくると同時に、内部においても幅の変化により場所ごとのムラをつくっています。