多賀の住宅/店舗

滋賀県多賀町における住宅と店舗の計画です。
敷地の南面は住宅地に面する一方、北面は山並みと田畑が広がる多賀らしい風景に面しています。北面の風景へ開きつつ明るさのある室内をつくるため、単純な方形屋根のボリュームを分割するように住宅と店舗を配置しています。
北側へ斜めに上がるボリュームによってつくられるハイサイドライトと下部の開口から安定した光と眺望を取り入れる一方、南に向いて軒が下がっていくことで住宅地からの視線と直射光をカットしています。この屋根形状が天高の高い開放的なダイニング、低く落ち着きのあるリビングといったようにワンルームの中にムラをつくり多様な居場所をつくります。
同時に、南面の住宅地に対しては一般的な方形屋根の家として、北面は伸びやかな家形のシルエットとなり店舗としての視認性をつくります。屋根によってできる外観の二面性が見る角度により印象の異なる構えをつくっています。