屋根を支える金物

鎌倉山の住宅は屋根の架構によって柱のないワンルームを支持しています。
屋根は変形した方形屋根になっていて、部材が立体的に交わる接合部には、この住宅のために製作した金物を用いて接合しています。

4方向からの隅木が一点に集まる屋根の頂点の部分。

屋根の隅木、水平の梁、柱が接合する部分。

設計当初は金物を差し込む溝の部分を埋め木してこの金物を隠す予定でしたが、現場で綺麗な出来上がりを見て隠さず現しにすることにしました。
この方形屋根は微妙に変形していてそれぞれの隅木が取り付く角度が異なるため、金物の製作はかなり難しかったことを金物屋さんからお聞きしました。
大工さん、金物屋さんの仕事の精度の高さが見て分かります。