NOTE ( 2 )

Category
フローリング端材の再活用

フローリング端材の再活用

鎌倉山の住宅の床はオークのフローリングですが、寝室のみウォールナットのフローリングを使っています。工事中に余ったウォールナットフローリングの端材を階段の鼻先に埋め込み、滑り止めとして再利用しました。(写真の右下に見えている床が寝室のウォールナットフローリング)明るめのオークに渋いウォールナットを埋めることでアクセントに...
鎌倉山の住宅 1年点検

鎌倉山の住宅 1年点検

少し前ですが、竣工後の1年点検で久しぶりに鎌倉山の住宅を訪れました。竣工の際は将来工事としていた南の山側のデッキが完成しています。1階の土間や寝室から直接出られるようになっています。写真に見えるデッキの奥には今後植栽を計画されているそうです。竣工時にちょうど着工されていたお隣の住宅も完成しており、同じようにデッキを作っ...
司馬遼太郎記念館

司馬遼太郎記念館

東大阪市にある安藤忠雄さん設計の司馬遼太郎記念館に行ってきました。3層吹き抜けとなった空間とそれを埋め尽くす3層分の本棚は圧巻ですが、絞られたステンドグラスの開口部や細長い円弧状の平面によって親密さも兼ね備える空間となっていました。(内部は撮影不可)また築20年を超えますが非常によく手入れされていて古さを感じず、施主で...
museum as it as

museum as it as

少し前になりますが、千葉にある中村好文さん設計の施設美術館、museum as it asを見てきました。既製品が一切なく、細部まで気を配られて設計されている建築ですが、独特のスケール感が特に印象に残りました。 展示を見終えた後は、右の天井高をおさえた空間でコーヒーを頂けます。2層分の高さを持つ展示空間(実質は1.8層...
WORKS更新

WORKS更新

WORKSを更新しました。シェアアトリエハウスtede(改修)を追加しました。→WORKS築60年が経つ木造賃貸アパートの再生計画です。
雨の箱根

雨の箱根

先日、妻の誕生日に合わせて箱根に行き、宿泊は村野藤吾設計の箱根プリンスホテルに宿泊しました。客室棟は円形になっており、それぞれの客室は芦ノ湖を望む部屋、森を望む部屋など客室によって見える風景が変わってきます。 全体が円形なので客室の平面は扇形になっており、外に向かって開くような構成になっていて、天井の高さと合わせて想定...
3つ屋根の住宅

3つ屋根の住宅

集落に新たにできた宅地に建てられる住宅の基本デザイン案です。それぞれの民家は下屋や屋根の凹凸により小さな単位で構成され、その集まりによって集落の景観がつくられていました。その作法に倣って、3つの小さな単位にボリュームを分節し、それぞれに屋根を架けて新たな住宅が既存集落に馴染むように考えました。それぞれの単位をずらしてい...
慈光院

慈光院

奈良に数ある日本建築の中でも好きな建築のひとつ、慈光院へ行きました。建具が開けられた広間から広縁が張り出し、その外側には庭、庭の領域を囲いとる水平な植込み、背後の樹木、後ろに控える平野、山並みの稜線へと近景から遠景へと連続していきます。人工的につくられた水平線と自然による曲線がレイヤー上に構成され外側へと視点が広がって...
外構のレンガ敷き

外構のレンガ敷き

北白川の改修現場は内装工事が終わり、外構のレンガを敷く工事が行われています。大変な工程ですが1人の職人さんが施工してくださっています。既存の土間をはつって土の状態だった地面がレンガに変わって明るい印象になってきました。 各部屋は1階のアトリエ、2階の住戸ともに、すでに入居者を募集しており、内見も行われています。
WORKS更新

WORKS更新

WORKSを更新しました。SALON Sを追加しました。→WORKS
WORKS更新

WORKS更新

新森の住宅の竣工写真を更新しました。入居後撮影した写真を追加しました。→WORKS
外構仕上の最終確認

外構仕上の最終確認

北白川の改修現場では外壁下地のモルタルが塗られました。これはこれでいいですが、この上に吹付の仕上げを行います。 外壁の仕上げの色味の最終確認を行いました。外壁に合わせて、外構の床となるレンガの色と粗さも確認しています。